ちゅらトゥースが沖縄から生まれた理由とその効果

薬用ちゅらトゥースホワイトニングは沖縄で生まれた厚生労働省が認定した医薬部外品です。
なぜ、この薬用ちゅらトゥースが沖縄で生まれたのか?
実は、沖縄は虫歯の罹患率がとても高く、そんな状況を打破したいとう
願いを込めて作られたという経緯があります。
以下の成分が歯の黄ばみや口臭、虫歯予防のサポートをしてくれます。

○ポリアスパラギン酸 ⇒黄ばみやステインを除去

○ビタミンC+リンゴ酸 ⇒歯に付着した汚れを落とす!

○GTO ⇒虫歯リスクの軽減 歯が白く健康になることで自信にもつながります!

ちゅらトゥースは残念ながら歯科で行うホワイトニングのような即効性はありません。
ですが、歯科でホワイトニングすると、一気に白くなりすぎて、恥ずかしくありませんか?
使い続けることで効がでてきますので、まわりの人に気づかれずに少しずつ白くしていってくれます。
わたしは煙草も吸いますし、コーヒー、紅茶をしょっちゅう飲むのですが、
ちゅらトゥースをしばらく使っていたら見違えるように白くなってきました。
でも自然な白さなので、いかにもホワイトニングしましたという感じではないので気に入っています。
また、ちゅらトゥースはホワイトニングだけでなく口臭や虫歯の予防にもなるので、
ふだんの歯磨きをちゅらトゥースにするだけで、いろいろカバーできて便利ですね^^

◆おススメの提案の仕方◆
人の印象を大きく変える『歯』の悩みを持ったユーザーは多くいます。
歯のホワイトニングを毎日の歯磨きでサポートしてくれます。
虫歯の予防や口臭など需要の多いお口のお悩みにも対応できます。

コメントを残す